R-1乳酸菌はインフルエンザの予防に効果があります

 

R-1乳酸菌とは乳酸菌の一種。
ライトバチルス・ブルガリクスというのは正式な名前です。
R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るときに使用する菌で、ブルガリア菌に属すものです。

 

R-1乳酸菌は、免疫力を増強させる働きが強く、たくさんある乳酸菌の中で、一番殺菌力があるものなんです。
同じ乳酸菌でも、牛乳を飲むより、風邪をひかない確率が何倍にもなったと、研究で実証されているほどのもの。

 

もともと、体内にある乳酸菌は歳を重ねる毎に減少します。
体力が衰えてくることにより低下する免疫力。

インフルエンザにかかりやすい身体を、効率よく、免疫力効果を高めるのがR-1乳酸菌です。
腸を元気にすることは、インフルエンザ予防だけでなく、様々な病気の改善にも繋がります。