ビオフェルミンと乳酸菌の違いについて、わかりやすく説明します!

 

腸内の健康を調べていくと、乳酸菌とビオフェルミン、ビフィズス等の
ワードがでてくるかと思います。

 

ここで、疑問に思うのが、ビオフェルミンと乳酸菌には
どのような違いがあるのかな?ということですね。

 

このように、ビオフェルミンと乳酸菌の違いがわかると、
腸内のケアもしやすくなるかと思いますので、参考にしてみてください。
ビオフェルミンと相性の良い乳酸菌を取れて便秘を解消ができる乳酸革命とは?
乳酸菌とは、名前の通り菌になるのですが、主に大腸の中にいる菌になります。

 

大腸内に乳酸菌がとどまることにより乳酸をだして、腸内を健全に保つという効果があるわけです。
一方、ビオフェルミンというのは、薬になります。正確にいうと医薬品ですね。

 

また、ビオフェルミンの効果としては、乳酸菌を腸内で増やすという効果があります。

 

なので、乳酸菌とビオフェルミンの使い分けとしては、ビオフェルミンは医薬品なので、お腹の調子が悪いなぁと感じた時に
使用するものになり、乳酸菌は日々の生活で撮り続けることで健康を保てるという感じになるかと思います。